火が意味すること

ずっと見てても飽きないですよね、火って。

 

なんででしょう?

 

そもそもウィキペディア(Wikipedia) によると、、

 

 

「火」とは、

 

 

「人間の思考文化の中で、火は重要な地位を占める。」

 

「生命はしばしば火に喩えられる。また、火も生命にたとえられる。」

 

「一方で火災や戦火など死や破壊の象徴とされる事もある。」

 

「また、恋愛や怒りのような高ぶる感情もよく火や炎にたとえられる。」

 

 

ですって。

 

火には人間が作り出した複数の象徴を込めてたんですね。

 

火が灯された時は新しい生命の誕生、

 

消えた時には死をイメージさせる火って、

 

なんか神秘的ですよね。

 

皆さんは、火を見てる時なにを考えてますか?

 

 

照らす力

照らす力

 

 

灯される生命

灯される生命



コメントをどうぞ